iPhoneのフレームの進化

大型サイズの登場

2014年の9月に登場したiPhone6は今までのサイズを大幅に刷新したものになりました。今までよりも薄くなりさらに一回り大きくなったiPhone6だけでなく、さらに大きくなったiPhone6Plusが登場しました。iPhone6Plusのサイズがあまりにも大きくなったとしてタブレットのようなスマートフォンということでファブレットという呼ばれ方がされたほどで、個々からこのファブレットブームが広がります。

フレームが大きくなったことと全体的に薄くなったことで片手操作ができなかったり落としやすくなったりということで不便に感じる人も多くいました。しかし、iPhone6Plusのような大きな画面が登場したことによって今まではスマートフォンを使っていなかったシニア世代でもスマートフォンを操作するという人も増えてきました。そして、スマートフォンとしてのスペックもiPhone6からは進化しており動画も美しくみられるようになったことや動作性が軽くなったことからiPhoneで動画を見るという機会も増えましたしゲームをするという人も増えました。そういった人にはこのような大きなサイズはとても便利ということで評判となり、これ以降の機種ではその多くがこういった大きなフレームサイズのiPhoneを同時に販売するのが主流となったのです。