iPhoneのフレームの進化

日本での導入

日本でiPhoneが登場したのはアメリカで初代が発売された1年後のことでした。日本で最初に発売されたiPhoneはiPhone3Gと呼ばれる機種です。構造としては初代と同様にキーボードが無くホームボタンしかない作りで大画面をタップして操作する今と同じ形のフレームです。日本ではこのようなフレームのスマートフォンが無かったのでキーボードがないことへの違和感やタッチパネルへの不安など多くの人が不安を感じていました。当時もまだまだ機能は不十分でしたが次の進化で動画が撮影できたりメモリが増量したりコピペが使えたりといった機能の進化があり、やっと実用的なスマートフォンになったという印象が持たれていました。

次のiPhone4の登場はフレームに大きな変化が出て一気にiPhoneが使いやすいスマートフォンであること、便利なものであることを世間に知らせることとなりました。金属フレームを搭載し、ガラスパネルで挟んだこと、四角いビジュアルに変化をしたことで今のiPhoneの形が出来上がったのです。液晶が美しいRetinaディスプレイになったのもこのiPhone4からです。ただ、このときもフレーム構造が美しくなった半面、持ち方によって電波がつかめないというアンテナの問題はまだ課題として残っていました。