iPhoneのフレームの進化

iPhoneの歴史

iPhoneといえば新機種が発表となるたびに大きな話題となる多くの人が注目をしているスマートフォンです。携帯電話から多くの人がスマートフォンへと移行したきっかけはiPhoneであるといっても過言ではありません。登場した当初にはおしゃれなビジュアルと画面の大きさで多くの人がとても驚きました。iPhoneが登場する以前からスマートフォンはあったのですが、ビジネスマン向けの印象が強く今のように皆が使うものというイメージは持たれていませんでした。それがこのように多くの人が利用するものへと変化をしたのはiPhoneの功績でもあるといえます。

このように多くの人がスマートフォンを持つようになったきっかけの一つとして言われるのがフレームです。iPhoneが登場するまでのスマートフォンというのはキーボードで文字入力をするのが一般的でした。キーボードの操作がとても難しくこれが面倒で敬遠しているという人も多くいました。それがキーボードがなくシンプルなフレームのiPhoneが登場したことで発売されたアメリカはもちろん未発売の頃から日本でもiPhoneへの関心が高まったのでした。

もちろん中の機能については初代のiPhoneは驚くくらい低い機能です。基本的なアプリしか使えず今のようないろいろなアプリをインストールすることができる状態ではありませんでした。通信速度も遅かったのでとても使える状態ではなかったのです。それでもおしゃれなフレームが目を引き不便さを感じながらも使っているユーザーもたくさんいたのです。


【 管理人おすすめサイト〜iPhone関連〜 】
現在ではiPhoneユーザーも増え、日本では高いシェア率を誇っています。それに伴い、iPhone修理を手掛ける非正規店も増えています。こちらの非正規店もその一つで、対面カウンターでの即日修理を行っています ⇒ iPhone修理 対面